「人と思想」シリーズ

センチュリーブックス

『吉野作造』生誕140年を記念して発刊しました!

196番目のタイトル『吉野作造』が生誕140年を記念して発売されました。

 
今からほぼ一世紀前,第一次世界大戦の時期に,吉野作造は「民本主義」の提唱者として登場した。米騒動や三・一独立運動が起こった時代の潮流をみつめ,精力的に執筆された吉野の諸論説は,時代の「臨床診断」ともいうべき性格をもち,世の注目をあびた。
その診断は,国内の非立憲的な政治制度を果敢に批判し,「デモクラシー」運動に理論的根拠を提供し,また,中国・朝鮮の民族主義的な運動に共感を寄せるものでもあり,いずれも国際主義的・平和主義的な立場からなされ,光彩を放った。
 
吉野は東大を退職し朝日新聞社に入社した一九二四年,「舌禍事件」によって退社を余儀なくされる。自由な言論活動が大きく制約される時代が近づいた。
本書は,吉野と交流のあった人びとをあわせて描き、晩年の明治文化研究まで,吉野の姿を浮き彫りにする。

 

目次

まえがき
Ⅰ 欧州留学時代まで
Ⅱ 政論化吉野の誕生と中国の大変動
Ⅲ 民本主義と中国・朝鮮論の転換
Ⅳ 政治と社会の大変動
Ⅴ 労働問題と平和主義の模索
Ⅵ 迫害と抵抗
Ⅶ 無産政党への関与
Ⅷ 明治文化論と晩年
あとがき
年譜
参考文献
さくいん

「人と思想」
おすすめ書籍

ページトップ