「人と思想」シリーズ

センチュリーブックス

ルソーってどんな人?

ルソーと聞いて学校で習った思想家だと思った人が多いかもしれません。それもそのはず、中学校や高校の教科書には必ず登場し、著書『学問芸術論』『人間不平等起源論』『社会契約論』『エミール』とともにフランス革命、そして後の民主主義、個人主義、近代教育思想に多大な影響を与えた啓蒙思想家として紹介されています。
教科書に載るということは、とても重要な人物だったのではないでしょうか。ルソーが今日のわたしたちにどのような影響を与えたのか、改めて知る機会になればと思います。

 

「人と思想」は、世界の思想家の生涯と思想を、時代背景や本人にまつわるエピソードを交えながら、分かりやすく解説した思想の入門書です。このシリーズの『ルソー』を参考に、Q&A形式で人物像を探ってみましょう。

 

 

Q.ルソーは何をした人ですか?


ジャン=ジャック・ルソーは、今から約250年前にフランスで活躍した思想家です。『社会契約論』や『エミール』など代表的な書物を出版し、後のフランス革命に大きく影響を与えた人物です。

 

ルソーは、著書『社会契約論』・『人間不平等起源論』において、人間の理想的な状態や幸福を自然の中で見だし、文明や社会による堕落から人間をいかに回復させていくのかを追求しました。要するに、個人の私的利益を追求する意思(特殊意思)・特殊意思の総和である全体意思は不平等であり、各人が公共の利益を求める意思(一般意思)は、自由と平等を保障するために全員がそれに従うことによって自由が保障されると考え、それにより、特殊意思・全体意思も満たすことになると説きました。
このような平等主義思想が、『フランス人権宣言』に大きな影響を与えました。

また、著書『エミール』は今でも教育学の名著として読み継がれるもので、教育思想家としても歴史に名を残しています。

 

Q.ルソーはどんな子供時代だったのでしょうか?


ルソーは、1712年6月28日、スイスのジュネーヴで時計職人の子として生まれましたが生後間もなく9日目で母を亡くし父方の叔母の養育を受け、父を手本に文字の読み書きなどを教わり、7歳頃から父とともに読書量が増え、亡き母が残していった小説や歴史書を好んで読む幼年期でした。この頃からルソーの思想は培われていたのでしょうか。

 

しかし、10歳の頃彼の人生は一変し、父が蒸発し孤児同然となり13歳のときに彫金師のもとへ奉公に出されますが、ルソーは日常的に虐待を受け、暴力に耐えきれずその後脱走します。生活環境が悪化していたけれど、読書の習慣は続いていて貸本屋で本を借りてたくさん読んでいたようです。
16歳の頃ヴァラン男爵夫人と出会い、お世話をしてもらいながら独学で哲学や歴史や音楽を学び、生活のために家庭教師や音楽教師・楽譜の筆写などをして働きました。

 

 

Q.ルソーはどのようにして思想家になったのですか?


ルソーは30歳の頃パリに出て、妻となる女性テレーズと出会い5人の子どもをもうけますが、生活苦から全員を孤児院に送っています。そして、1749年37歳の頃、友人のディドロの影響で『百科全書』の音楽のページを執筆します。38歳でアカデミーの懸賞論文として書かれた、学問や芸術が人間を堕落させるものであるという『学問芸術論』が見事受賞し出版され、徐々に思想家として頭角を現します。

 

その後、1762年50歳の時、後に影響を与えた『社会契約論』『エミール』を刊行し、それが危険思想と見なされ、逃亡し最期はパリ近郊で孤独と貧困のまま生涯を終えました。
ルソーは、人間の自由と平等をとなえ民主主義を表明し、結果的に「近代の父」と呼ばれるのにふさわしい思想家となりました。

 

 

Q.ルソーから影響をうけた人物は誰ですか?


『エミール』を読んでいたと言われる哲学者のカントは、ルソーから影響を受けた人物として有名です。また、ヨハン・ハインリヒ・ペスタロッチ、フィヒテやヘーゲルなどにも影響を与えドイツ観念論の主軸に強い影響を及ぼしています。

 

また、日本では1882年(明治15年)に思想家・政治家である中江兆民が、『民約訳解』としてルソーの『社会契約論』を翻訳しています。兆民は「東洋のルソー」と呼ばれるようになり近代日本の自由民権運動にも大きな影響を与えました。
このように、ルソーが後に与えた影響はとても大きいものになりました。

 

 

Q.ルソーの名言はどんなものですか?


「はじめはなにもしないことによって、あなたがたはすばらしい教育をほどこしたことになるだろう」

 

「自然に帰れ」

 

「人間は自由なものとして生まれた。しかしいたるところで鉄鎖につながれている」

 

「われわれはいわば二度生まれる。一度は生存するために二度目は生きるために。一度は人類の一員として二度目は性をもった人間として」

 

「一般意思は万人に由来し、万人に適用されるものであるべきだ」

 

 

Q.主な作品について教えてください。


『学問芸術論』『人間不平等起源論』『社会契約論』『エミール』など。

 

 

ルソーについて、もっと詳しく知りたい方は、ぜひ人と思想シリーズ『ルソー』を手にとってみてください。

Amazonで購入する

「人と思想」
おすすめ書籍

おすすめの記事

ページトップ