「人と思想」シリーズ

センチュリーブックス

人と思想81『シェイクスピア』ぱらぱら見

シェイクスピア_表紙

シェイクスピア_肖像

 

「ハムレット」「ロミオとジュリエット」「リア王」など数え切れないほどの名作を生み出したシェイクスピア。400年前のイギリスの偉大な劇作家とは思えないほど、私たちに身近な存在です。今日もどこかで舞台を観て、あるいは本を手にとって、その世界に魅了されている人も多いことでしょう。

一方で、その生涯については、ほとんど知られていません。生活の様子の記録が極めて少なく、日記も手紙も残されていないそうです。本書は、そのような困難な状況の中で書かれたシェイクスピアの入門書です。代表的な作品を紹介しながら、その時代背景やシェイクスピアの置かれた状況を踏まえて、分かりやすく解説しています。読み進めるにつれ、シェイクスピア作品を舞台で観たい、読んでみたい、という気持ちが高まってくることでしょう。

 

目次

シェイクスピア_目次

 

 

Ⅰ 新世界へ向けて

生まれと育ちと時代

シェイクスピア_p10-11

ウィリアム=シェイクスピアは、1564年、父ジョン=シェイクスピア、母メアリーの第三子で長男として、イギリス中央部のストラットフォードで生まれました。誕生日は、4月23日だったらしい。「らしい」というのは、はっきり分からないけれども、幾つかの理由によって一応この日に決められたとのこと。ちなみに、亡くなったのも4月23日です。

 

シェイクスピア_p14-15

父は、手袋製造業の店を営み、商売に成功すると町の政治に参加するようになり、町議会議員、収入役などの要職を次々と務め、最後には町長にまでなりました。

 

シェイクスピア_p20-21

少年シェイクスピアは、町の文法学校で教育を受けたらしい。これも記録が残っている訳ではないですが。よくシェイクスピアは無教育と言われますが、実際は、ラテン語を中心に、ローマ・ギリシャ作家の作品を教科書とした高度な文学的教育を受けていたのではないかと想像されます。

 

Ⅱ 劇作家への道のり

情熱と挑戦の習作期

シェイクスピア_p52-53

「この時期に彼が書いた作品群は、『ヘンリー六世』の三部作、『ヴェローナの二紳士』、『間違いつづき』、『じゃじゃ馬馴らし』、『リチャード三世』、『タイタス=アンドロニカス』、『恋の骨折損』。そして物語詩の『ヴィーナスとアドニス』と『ルクリース凌辱』である。シェイクスピアは30歳。ほぼ10年の時間で新進劇作家として名声を博すまでになっていた。」

 

飛躍から安定へ

シェイクスピア_p92-93

シェイクスピアが活躍した時代は、エリザベス女王(一世)の治世にあたります。女王の政治力のもと、当時のイングランド王国は大きな発展を遂げました。演劇好きだった女王の保護のもと、ペスト流行による劇場閉鎖などの苦難を乗り越えながら、イギリス演劇界も大きく成長しました。
1594年、シェクスピアは、宮内大臣がパトロンとなった宮内大臣一座に、俳優、劇作家、劇場経営者として関わることになりました。この時期、『ロミオとジュリエット』、『夏の夜の夢』、『ヴェニスの商人』など、いずれも観客の琴線に触れる作品を次々と制作しています。

 

Ⅲ 広大無辺の宇宙へ

新しい劇場、新しい活動

シェイクスピア_p112-113

1596年〜1599年にかけて、『ヘンリー四世』の第一部・第二部と、『ヘンリー五世』を制作します。この中には、シェイクスピア中期作品の傑作登場人物の1人、「フォルスタッフ」が登場します。

 

シェイクスピア_p124-125

1599年の秋には、かの「グローブ座」が完成します。

 

深まりいく人生

シェイクスピア_p152-153

「悲劇『ハムレット』が書かれたのは、1601年頃であった。この頃からシェイクスピアは、連続して悲劇の制作に取り組んでいる。その冒頭の作品が、理想主義的な青年を主人公にした、この作品である。」

 

シェイクスピア_p188-189

『あらし(テンペスト)』は、シェイクスピア最後の単独制作作品になりました。
1613年頃、若手の有望劇作家、ジョン=フレッチャーと共作した『二人の血縁の貴公子』、『ヘンリー八世』がシェイクスピア最後の作品となりました。

 

<内容と構成>

はじめに

Ⅰ 新世界へ向けて

生まれと育ちと時代

 

Ⅱ 劇作家への道のり

情熱と挑戦の習作期
飛躍から安定へ

 

Ⅲ 広大無辺の宇宙へ

新しい劇場、新しい活動
深まりいく人生
あとがき

 

年譜

参考文献

さくいん

 

 

<書籍購入>

Amazonで購入

 

「人と思想」
おすすめ書籍

おすすめの記事

ページトップ