「人と思想」シリーズ

センチュリーブックス

人と思想12『パスカル』ぱらぱら見

パスカル_表紙

パスカル_肖像

 

「人間は考える葦である」「クレオパトラの鼻がもう少し低かったら…」

どこかで一度は聞いたことがあるフレーズですね。17世紀フランスの哲学者、物理学者、数学者であったパスカル。これらは、その死後にまとめられた随想録『パンセ』に出てくる言葉です。

「考える葦」以外にも、数学のパスカルの定理や、圧力の単位パスカル(Pa)にも名前を残しています。天気予報で使われるヘクトパスカルはお馴染みですね。

これだけの業績を残している天才であったことは分かりますが、その生涯や人物像についてはあまり知られていないことでしょう。本書は、パスカルの思想と生涯を分かりやすく解説した入門書です。あの名言はどのようにして生まれたのか。気になる人はぜひ本書を手にとってみてください。

 

目次

パスカル_目次1

パスカル_目次2

 

Ⅰ はじめに

パスカルという人

パスカル_p10-11

「わたくしがはじめてパスカルの名前を聞いたのは、中学校の物理の時間においてであった。例の「パスカルの原理」(水圧機の原理)を学んだ。その時の中学校の先生はパスカルの生涯や思想について説明もしなかったし、したがってわたくしも、特別にパスカルという人について興味をもったわけでもなかった。」

 

Ⅱ パスカルの生涯と思想

子ども時代

パスカル_p30-31

パスカルは、1623年6月19日、フランスのオーベルニュ州クレルモン-フェランのデグラ通りの家に生まれました。身体は病弱でしたが、パリに移り、父エティエンヌ=パスカルによって独特の教育を授けられたパスカルは、11歳で三角形の内角の和の証明をするなど、早熟の天才ぶりを発揮していました。

 

ルアンの時代

パスカル_p40-41

1639年に父の仕事の都合でルアンに移り、ここで16-25歳までを過ごすことになります。父の仕事は税金の徴収で、その計算の苦労を軽減させるために、パスカルは「計算機」を発明します。この発明を機に、幾何学から物理学に興味が移り、当時の主要な問題の1つ、「真空」について実験を行いました。

 

決定的回心

パスカル_p82-83

病状は思わしくない中、社交生活の快楽を追求していたパスカルは、自分の仕事や社交界でのよろこびが本当に自分自身や人間にとって相応しいものであるか疑いはじめていました。パスカルは次第に神への信仰を深めて行き、決定的な回心がなされ、32歳のときにポール-ロワイヤル修道院に入ります。

 

ポール-ロワイヤル

パスカル_p96-97

修道院に入ったパスカルは、人が変わったかのように神の道に励みました。かつて医師に禁止されていたことを無視して徹夜や断食さえも行いました。かえって健康状態はよくなったそうです。

 

プロヴァンシャル

パスカル_p112-113

パスカルは、当時ジェズイットとジャンセニストの間で激しく戦わせられていた論争に巻き込まれます。ジャンセニストの陣営に加わったパスカルは、匿名で、ジェズイットを攻撃する一連の手紙「プロヴァンシャル」を書き続けました。

 

晩年

パスカル_p138-139

パスカルの健康は悪化し始めます。
苦痛と戦いながら、再び数学の研究に取り組みました。
後に、『パンセ』としてまとめられる著作の構想を始めるものの、未完に終わります。1662年8月19日、39歳2ヶ月の生涯を閉じました。

 

Ⅲ パスカルの人間論的思想

幾何学の精神と繊細の精神

パスカル_p158-159

「パスカルが「幾何学の精神」と「繊細の精神」の「二つの精神」を考えたことは、思想史的にも重要であり、直接にはデカルトに反対したことになる。しかし、それだけではなく、人間的にみても鋭い指摘であり、今日のわれわれにとっても切実な問題である。」

 

考える葦

パスカル_p172-173

パスカル_p174-175

「人間は自然の中で一番弱い一本の葦にすぎない。
しかし、人間は考える葦である。
人間をおしつぶすには、宇宙全体が武装する必要はない。
一つの蒸気、一滴の水でも
人間を殺すのには十分である。
しかし、宇宙が人間を押しつぶすときにも、
人間を殺す宇宙よりも、人間の方が高貴である。
なぜなら、人間は自分が死ぬことを知っており、
宇宙が人間よりもはるかに強力であることを知っているからである。
宇宙はそのことを何も知らない。」

 

<内容と構成>

Ⅰ はじめに

パスカルという人
パスカルの時代
パスカルの生活と業績

 

Ⅱ パスカルの生涯と思想

子ども時代
ルアンの時代
最初の回心
社交生活
決定的回心
ポール-ロワイヤル
プロヴァンシャル
晩年

 

Ⅲ パスカルの人間論的思想

幾何学の精神と繊細の精神
考える葦
気晴らし

 

年譜

参考文献

さくいん

 

 

<書籍購入>

Amazonで購入

 

「人と思想」
おすすめ書籍

おすすめの記事

ページトップ